忍者ブログ
コウヤンによる不定期更新のブログです。
[253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おそらく日本においてCOTDと双璧をなすシューゲイザーバンドといえばLuminous Orangeだろうか。
1992年に竹内理恵(Vo/G)を中心に結成されたバンドだったが、目まぐるしいメンバーチェンジを経て、現在は彼女だけがオリジナルメンバーとして活動している。

果実を搾り出すようにキリキリと悲鳴を上げるギターノイズに、風通しのいいフワフワとした女性ヴォーカルが絡むスタイルがこのバンドの特徴で、これが女性アーティストらしい可愛らしさを生み出している。ギターの甲高いメロディーは非常にカラフルで、まるで部屋の壁にペンキを撒き散らすかの如くである。しかし、変拍子なサウンド展開と不思議なコード進行、さらにはアヒト・イナザワ(NUMBER GIRL、ZAZEN BOYSの元Dr.)が参加している手数の多いドラミングは、まるでSonic Youthのようであり、オルタナ系列からの影響の強さも見て取れる。

そのため、他のバンドに比べるとシューゲイザーとしての雰囲気は薄く、むしろ不思議な匂いを放つ実験的なロックバンドという印象が強い。しかし彼女がPale Saintsからインスパイアされたと語るように、浮遊感のあるシューゲイザーの特徴はバンドにしっかりと刻まれている。独特の甘酸っぱい雰囲気を醸し出すサウンドは、まるで思春期の恋愛模様そのもので、自転車に女の子と二人乗りして青空を仰ぐサウンド(?)とでも言いましょうか。そんな可愛らしい雰囲気もこのジャンルではまた印象的である。Luminous Orangeを聴いてそんな思春期を思い出すことができた勝ち組みのあなた、おめでとうございます。

公式サイト
MySpace


luminousorange-dropyouvivid.jpg 4th 「Drop Your Vivid Colours」 2002年発表


Luminous Orange - Every Single Child 「Sakura Swirl」収録
 

PR
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
TRSCKBACK
trackbackURL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
コウヤン
HP:
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
音楽鑑賞、インターネット、読書
自己紹介:
特に好きなジャンルは、グランジ・オルタナティヴ、UKロック、ニューウェイブ。特にSmashing Pumpkins、Supergrassが好きです。最近ではシューゲイザーにはまっています。
最新コメント
[01/14 童貞]
[08/26 コウヤン]
[08/25 アダバナ]
[07/25 コウヤン]
[07/22 みな]
ブログ内検索
市場
バーコード
Copyright © Nowhere All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]